メールを送ったのは、女性のプロフィールを見て?掲示板をみて?

プロフィールをみて。

見た女性の「プロフィール」の内容

住んでいる都道府県と年代(20代前半、10代など)で検索しました。住んでいるところは会える範囲であることと、年齢は自分と同年代か自分より下であることで探しました。

「住み」と「年齢」が重要でした。

最初のメール例文

金沢に住む21歳の学生です。
メールからはじめて話が合えば飲みに行ってみたいです。
良かったらメールください。

最初のメール例文のポイント(目的など)

会うのが目的なので、飲みに行ってみたいという希望を書きつつ、すぐに会いたいと言うのではなく、「メールからはじめて」と書くことで、誠実な感じも出している。

また自分の住んでいる地域と年齢の最小限の情報しか載せないことで、プロフィールを見てもらおうと考えた。

返信内容とやりとり

相手からの返信が「メールありがとう、どの辺に住んでるんですか?」という質問つきのものだったので、返信しやすかった。こちらも質問に対する答えを書きつつ、相手のことも聞く質問をして、メールが途切れないようにした。

具体的には、休みの日は何しているのか?とかプロフィールに書いてある事とは関係ない事を聞きました。会うための口実を作るために何かいい答えが来ないかと考えて質問していた。

会おうとなったきっかけ

メールでお互いお酒が好きということが分かり、また冬で寒いということもあり、家で鍋でもしないかと誘ったところ、オッケーをもらい会うことになった。

最初のメールを書いた男性の詳細

21歳/彼女なし/セフレなし/未婚/バツなし/S男

最初のメール例文の「実績」(どんな女性と出会ってどうなった?)

何人と会った?

1人

会った女性の年齢は?

20代

どんな女性と会った?

大学生

会うまでの「時間」

時間をかけて会った
2週間

会ってからの「行動」

自宅で飲んだ

「エッチ」について

エッチした

「その後」について

セフレになった

例文利用の注意事項

・原文をそのまま使わず、絶対にアレンジして利用して下さい。

出会い系での利用以外は禁止です。「SNS」「サイト」「2chやその他掲示板」などで、情報を発信された場合は相応の対応をいたします。

・絶対に出会える例文ではありません。あくまで成功体験の共有とお考え下さい。